脳天大神様は金峯山寺初代管長 故 五條覚澄大僧正が霊威感得されました頭脳の守護神であります。覚澄大僧正はお瀧のある修行の場所を探し求められる中、現在、大神様が鎮座されている谷がその最適の場所であると考えられ、その後、行場の開発に取り組まれることとなりますが、その最中頭を割られた蛇に遭遇され、それを哀れに思われて丁寧に経文を唱えられ葬られました。その後、その蛇が何度も夢枕に立たれお礼を言われます。最期には「頭の守護神として祀られたし」と云う霊言を覚澄大僧正は聞かれます。また、それと同時期に蔵王権現様から「諸法神事妙行得菩薩(しょほうしんじみょうぎょうとくぼだい)」と云う御霊言も授かられます。実際に形として現れてこられたのは頭を割られた蛇でありますが、蔵王堂(ざおうどう)のご本尊蔵王権現様が姿を変えて出現されたのであります。その後、昭和二十六年に現在の場所にお祀りされたのであります。

諸法は一切の仏法、神事は神道で神様の事であります。仏様も神様も両方とも拝むのが、修験の根本の教えであって、どちらも妙なる行法であり、さとりの道であります。つまり、この御霊言には、すべての教え、すべてのさとしが含まれているのです。
「諸法神事妙行菩薩」とお唱えすることにより、正しい方向、正しい信仰へと導かれ、仏様も神様も必ず迷える吾々をおたすけ下さるのであります。

金剛蔵王大権現(こんごうざおうだいごんげん)は、今から千三百年程前、修験道(しゅげんどう)の開祖である役行者(えんのぎょうじゃ)により霊威感得されました。過去(釈迦如来)・現在(千手観音)・未来(弥勒菩薩)の三世にわたって衆生救済の誓願を以て現れて来られた金峯山(きんぷせん)修験道の絶大なる御本尊であります。
金峯山寺本堂、蔵王堂には三体の蔵王権現様がお祀りされております。

この御真言は弁財天の御真言と同じであります。弁財天はインド伝来の神であります。ソラソバテイーは古代インドの代表的河神であります。水には諸龍が住むと言われており、また、吉野さんから山上ヶ岳(さんじょうがたけ)までは一つの龍体であると説かれております。脳天大神様もこの龍体に密接な関係がありますので、このご真言とされたのであります。

この御真言は弁財天の御真言と同じであります。弁財天はインド伝来の神であります。ソラソバテイーは古代インドの代表的河神であります。水には諸龍が住むと言われており、また、吉野さんから山上ヶ岳(さんじょうがたけ)までは一つの龍体であると説かれております。脳天大神様もこの龍体に密接な関係がありますので、このご真言とされたのであります。